HOME -> SEO用語解説 > 1サイト=1テーマ

SEO用語解説 - い

このエントリーをはてなブックマークに追加

1サイト=1テーマ

様々な商品を販売したい、なおかつYST(Yahoo! Search Technology)でも上位表示したい方は、商品のジャンルごとにサイトを作成する。ヤフーカテゴリにそれら1つ1つのサイトを数回登録すればさらにYST(Yahoo! Search Technology)SEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策の効果を飛躍的にあげることができます。

最近の傾向として、業績右肩上がりの企業は様々なテーマのサイトを毎月のように作成しています。それらすべてをヤフーカテゴリに登録して、ヤフーカテゴリ登録サイトからの集客だけでなく、YST(Yahoo! Search Technology)でも、さらにはヤフーカテゴリ登録サイトを評価するグーグルGoogleやMSNサーチ対策までも効果的かつ効率的に行っています。

どのようなサイトでも、時間が経つにつれて様々な情報が増えてゆき、その結果、理解し辛くなることがよくあります。1つのサイトで取り扱う情報の幅には限界があるのです。情報の深さは、そのサイトに詳細ページを追加することによって深めてゆき、同時に情報の幅は様々な面白いタイトルの専門サイトを作成することで広げてゆくのが、インターネット上でビジネスを成功させる上で最も確実で、最も速く成功するためのノウハウなのです。

仮にペットショップのサイトを現在運営されているのなら、ペットショップのベースサイトだけでなく、わんちゃんで柴犬好きのための柴犬専門サイト、ミニチュアダックスフンドならミニチュアダックスフンド専門サイトを作成するのです。ご自身の顧客にとってもそのほうがとてもわかりやすくて親切感があふれ出ると思います。

現代の消費者は専門店が大好きです。現実に、何でも広く売っているデパートや大型スーパーの多くが営業不振で倒産しているのが如実にそれを証明しています。1つのサイトだけにいつまでも執着して煮詰まっていないで、ハッピーな気分で楽しく専門サイトを次々に作成していかれることを筆者は強くお奨めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP