HOME -> SEO用語解説 > 1つのページには1つの商品,1つのサービス

SEO用語解説 - ひ

このエントリーをはてなブックマークに追加

1つのページには1つの商品,1つのサービス

同じページの中に複数のテーマのキーワードが存在すると、上位表示しようとしてもうまくいかないことがよくあります。例えば「旅館」というキーワードで1位を目指しているのに、旅館の情報のあるページの中に健康食品の商品情報がある場合などがそうです。これではYST(Yahoo! Search Technology)などの検索ロボットエンジンだけではなく、見込み客が見ても、「一貫性のない不思議なネットショップだ]と思ってしまい、ご自身のサイトに訪れた見込み客に悪い印象を与えてしまいます。

売り上げに響くこともありますので、1つのページには1つの商品、1つのサービスという原則を貫くようにしてください。様々なジャンルの商品を販売しているサイトは、特定のキーワードでは上位表示が難しくなることがほとんどなので注意が必要です。たとえば「ゴルフ用品」というキーワードで YST(Yahoo! Search Technology)やGoogleグーグルで検索した場合、Yahoo! ヤフーのトップページや楽天市場のトップページは、上位には決して表示されません。どうぞご注意を・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP