HOME -> SEO用語解説 > 200ページ(1)Yahoo! Search Technologyの場合

SEO用語解説 - や

200ページ(1)Yahoo! Search Technologyの場合

サイトにページが多ければ多いほど、キーワードがサイト中に散りばめられるということになり検索エンジン対策上プラスに働きます。Googleグーグルと違うのは、YST(Yahoo! Search Technology)は実際にあなたのホームページにキーワードがたくさんあるかを正確に検査します。「ページ数が少ないのは絶対に不利だ!」ということだけ必ず覚えておいてください。

◆200ページ以上は必要不可欠なページ数
筆者独自の分析結果で目標キーワード第1位を獲得しており、なおかつ安定的に第1位にとどまっている企業のほとんどが、サイトの構成ページ数は200以上となっています。数ヶ月でそのような規模のサイトを構築するのは極めて難しいですが、数年間コツコツしていけばできないことではありません。ページが増えるとキーワードがサイト中に散りばめられるメリットがあります。ページ数が多いということはそれだけ情報が豊富で役立つことから、「外部の人たちがそのサイトを気に入り、リンクを紹介する」といった別の大きな利点があります。長距離マラソンのように、地道にページを増やしていってください。

PAGE TOP