HOME -> SEO用語解説 > ディレクトリー型検索エンジン

SEO用語解説 - て

ディレクトリー型検索エンジン

YST(Yahoo! Search Technology)に代表される検索エンジンがディレクトリー型検索エンジンです。ディレクトリー型検索エンジンでは実際に人間がサイトやページ、その説明文を記述して詳細なカテゴリー別に検索エンジンデータベースに登録します。ユーザーが検索フォームから目標キーワード検索を行うと、検索エンジンのデータベースから最適と思われるサイト、ページ(もちろん全て編集者によって登録されたものばかりです)を表示します。また目標キーワード検索とは別に人的に編集されたディレクトリー別にサイトを探すことも可能です。

ディレクトリー型検索エンジンの効果的な面

・登録サイトが人的に制限、管理されているため、無駄な情報が少なく有益な情報が整理した形で掲載されており使い易い。

・サイトを編集者が最適と判断したカテゴリーに登録するため、興味がある分野に関するサイトがカテゴリーを通して多数、簡単に見つけることができる。

ディレクトリー型検索エンジンの非効果的な面

・ページ単位よりはサイト単位で登録されるため、実際に登録サイトに目的の情報が存在するにも関わらず目標キーワード検索で表示されない場合がある。

・サイト、ページ数が莫大に増加している現在、人間の手によってサイト情報を登録していくには限界があり絶対的な情報量が少ない。

・編集者が登録するウェブサイトを決定、説明文を記述するため、編者者の主観によって掲載情報が左右される。

YST(Yahoo! Search Technology)が代表的なディレクトリー型検索エンジンに該当しますが、InfoseekやLycos、Exciteなど他の主要検索エンジンもロボット検索エンジン技術と併用しつつ、検索エンジンディレクトリーを独自に構築しています。 ディレクトリー型検索エンジンに登録を希望するサイトの管理者が検索エンジンに登録を依頼し、検索エンジンの編集者がサイトの登録の許諾、及び登録する場合は説明文を編集して記述すると言うプロセスで検索エンジンのデータベースを構築していきます。

PAGE TOP