HOME -> SEO用語解説 > リンクファーム

SEO用語解説 - り

このエントリーをはてなブックマークに追加

リンクファーム

検索エンジンの検索結果で特定のWebページの表示順位を上げるために、そのWebページへの不自然なリンクが大量に張られている状態。そのような不自然な大量のリンクを掲載したページ、サイト群のことです。Goolgeグーグルなどの検索エンジンは、どれだけ多くの人がそのWebページに対してリンクを張っているかを、そのWebページの客観的な重要度として検索結果の表示順位の指標のひとつにしています。

これに目をつけ、自身の運営する複数のWebページ間、もしくは協力者が集団で運営しているWebページ間で大量にリンクを張り、人為的に指標を上げることで検索結果の表示順位を押し上げるというSEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)行為が行われるのようになったのです。Googleグーグルが普及すると共に米国ではこのリンクポピュラリティを逆手に取ったサービスも多数登場しました。一般的に「リンクファーム」と言われるこれらのサービスでは、数十万円を支払って登録すると他に登録している複数のサイトにリンクを掲載してもらえると言うサービスを受けることができました。

地道なリンク獲得の努力を行うことなしに、数万円を支払うだけで自動的に一定数の被リンクを獲得できると言う仕組みです。さらにサイトのジャンル別に同様のサービスを行いリンクポピュラリティも大幅に向上させる、サービスも存在しました。リンクファームによって操作されたランクは客観的な重要度とは言い難く、Googleグーグルではリンクファーム参加者とみなしたWebページに対して、ランクを下げたり検索対象から外したりといったペナルティを課しています。

米国ではGoogleグーグル社とリンクファーム参加者の間でリンクファームをめぐる訴訟が起きましたが、Googleグーグル側が勝訴しています。リンクファームが人気を集め出したと同時に、Googleグーグルはこれらのサービスを一種のSPAMと見なし、リンクファーム経由のリンクを無視したり、またはリンクファームを利用しているサイトのGoogleページランクを無効にする、データベースから削除する、と言う対策手段を講じています。

日本で同種のサービスが流行る前に米国で効力が無くなってしまったサービスですが、将来的に同様のサービスが日本で立ち上がったとしてもいずれ必ず即座にGoogleグーグルは対応するものと予想されます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP