HOME -> SEO用語解説 > サイトマップ

SEO用語解説 - さ

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトマップ

サイトマップとはそのサイトにどういったコンテンツがあり、どういう構成になっているかを一目で分かる様に、一覧にしたページの事です。サイトマップを作るとユーザーに対してとても分かり易くサイト構成を伝えることが出来ます。 サイトの中にあるページ一覧、リンク集のようなものです。これがあるとGoogleグーグルのインデックスクローラーがあなたのサイトにやってきて、サイトマップを見ます。そこからリンクしてある全てのページをたどって各ページを隈なく読み込んでくれるようになりGoogleグーグルSEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策上プラスになります。

ユーザーがあなたのサイトを訪れた際、どこに何があるのか、と迷うことも考えられます。GoogleグーグルSEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策上だけではなく、利便性の向上のためにも必ずサイトマップは設置しましょう。しかし、サイトマップをつければ問題が解決するのではありません。ベストなのはサイトマップをもつだけではなく、サイトのトップページも極力サイトマップ化することです。

そうすればGoogleインデックスクローラーが、他のサイトからあなたのサイトのトップページにやってきてすぐ、各ページを読み込んでくれるようになります。それは同時に、SEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策上とても大きな意味を持っているのです。通常検索エンジンは、ランダムに世界中のホームページを毎日巡回しています。巡回してきたからといって、サイト内にある全てのページを確実に把握することは出来ないのです。これはページが多くなれば多くなるほどロボットの把握度合いも下がってくると言えます。

通常サイトマップの無いサイトの場合、内部リンク外部リンク共に、一体何が 何処へ繋がっているのか把握することはロボットも難しいのですが、1つのページから、どのページが何処に繋がっていて、何にリンクしているのかがまとまっていたらロボットもとても把握しやすいのです。その1ページを検索エンジンが読み込むことによって、全てのリンクされているページをスムーズに伝えてあげることが出来るのです。この方法は、もちろんSEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策にも有効ですが、ユーザーが閲覧する場合にも、ユーザビリティの高いサイト構成が自然と構築出来るので、是非とも今すぐにサイトマップの導入を筆者は強くお薦めします。

サイト自体の構成を分かり易くするだけでも、SEO(Search Engine Optimization : 検索エンジン最適化)対策上非常に有利に働きますし、サイトマップに関しては、1ページに100以内のリンクにした方がよいとされています。ここでGoogleグーグル自身が言っているガイドラインを紹介いたします。
http://www.google.com/support/webmasters/bin/answer.py?hl=jp&answer=40318より引用


<ココカラ>
デザインおよびコンテンツに関するガイドライン(Googleより) わかりやすい階層とテキスト リンクを持つサイト構造にする。 各ページへは、少なくとも 1 つの静的なテキスト リンクからアクセスできるようにします。 サイトの主要なページへのリンクを記載したサイト マップを用意する。

サイトマップ内にリンクが 100 以上ある場合は、サイト マップを複数のページに分けます。 情報量が豊富で便利なサイトを作成し、コンテンツをわかりやすく正確に記述する。 ユーザーがサイトを探すときに入力する可能性の高いキーワードをサイトに含める。

重要な名前、コンテンツ、またはリンクを表示するときは、画像の代わりにテキストを使用する。
(Googleグーグルのクローラでは、画像に含まれたテキストは認識されません。)

TITLE タグおよび ALT タグの説明をわかりやすく正確なものにする。

無効なリンクがないかどうか確認し、HTML を修正する。

動的なページ (URL に "?" が含まれているページなど) を使用する場合、検索エンジンのスパイダーによっては、静的なページと同じ様にはクロールされない場合があることを考慮する。
(パラメータを短くしたり、数を少なくすると、クローラで見つけやすくなります。)

1 つのページに表示されたリンクの数を適切な数に抑える (100 未満)。

<ココマデ>

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP