HOME -> SEO用語解説 > Yahoo!無料登録

SEO用語解説 - や

Yahoo!無料登録

Yahoo!ヤフーがスタートして数年間は、サイトとして体裁を最低限整えた真面目なサイトであれば、ほとんど無料で登録してきました。無料登録は公益法人など利益を追求しない形のビジネス(利益を追求しないビジネスなんてありえないのですが)のみに開放されています。現在ネット上のたくさんのサイトを登録するには手間暇がかかり、無料ではできなくなってきました。

そこでYahoo!ヤフーは営利目的の色合いが強いサイトの登録には審査料金を設定するという有料審査サービスとともに、無料登録するにも基準を満たす非営利サイトでなければ無料登録申請をしても登録してくれなくなりました(特に2005年4月以降)。無料登録の際の基準として4つあり、そのうちいずれか1つを満たしたサイトにしてから登録申請を行ってください。

(1)無料で情報を提供している・・・無料で特定のユーザーに役立つ情報を提供していてYahoo!ヤフーのスタッフがインターネットユーザー全般に役立つと判断したとき

(2)初心者のための無料ガイドブック・・・様々な豆知識を紹介した初心者向けガイドブック形式の情報サイトとして、文字だけでなく画像を駆使し、初心者にもわかりやすいように解説している。ただし、情報が多いだけではヤフーは無料登録してくれません、その情報が誰にとってもわかりやすいものでなくてはなりません。

(3)無料サービスの提供・・・無料情報サイトのほか無料ブログ・無料掲示板レンタルサービス・無料レンタルサーバーなど、一定のユーザーがいるサイトも無料登録できます。

(4)役立つリンク集/検索エンジン・・・何か特定のジャンルのサイトを紹介するリンク集サイトや専門検索エンジンを作成することです。このスタイルは自分の情報ではなく、インターネット上にあるサイトをリスト化して、それを紹介するだけで、Yahoo!ヤフーに無料登録できます。

ただ今日、星の数ほどのリンク集や検索エンジンがネット上にありますので、未開の分野や独自に味付けをしたものを作成し紹介するサイトのページが数百はないと、登録は無理だと思ってください。

PAGE TOP