HOME -> SEO用語解説 > Yahoo!ビジネスエクスプレス

SEO用語解説 - や

Yahoo!ビジネスエクスプレス

Yahoo!ヤフービジネスエクスプレスとは、企業、団体、個人事業主が運営するサイトが商用目的のサイトとしてYahoo!カテゴリに登録できるかを審査し、結果をメールにて返信する有料サービスです。利用料金の入金確認後、7営業日以内に審査を行い、結果を報告します。ビジネスとしてホームページをつくり、運営していかなくてはならないのですが、無料登録申請する余裕のない方、取り急ぎ「売れる」サイトを作成して、Yahoo!ヤフーに登録してほしい方などが利用しています。

登録申請料金については、52,500円から157,500円。

このビジネスエクスプレスのサービスですが、通常の無料Yahoo!ヤフー登録と大きく変わる部分があります。それは、比較的審査が易しいという点です。お金を払って確実に全て審査を通るという訳では有りませんが、問題部分があればYahoo!ヤフー側から指摘があり、その指摘事項さえ修正を行なえばやはり審査は通る訳で、圧倒的に登録難度は低くなっているのが事実です。

企業などのサイトは、そこから現金を生み出すための商売道具の一つです、お店です、会社そのものなんです。しかし残念ながらそんな大事なサイトをお金だけ払って安易に登録しても、お客さんは訪れてきません。そんな甘いものではありません。

仮に沢山の人が訪れたとしましょう。お店は訪れただけでは意味がありません。購買に直結し、お金を落としていただけなければ意味が無いのです。たとえあなたのサイトに1日一万人来ようが、10万人来ようが物が売れない、申し込みがないといった場合、サイトを運営している意味がないのです。

「Yahoo!ヤフー登録完了!、これで商品がバンバン売れる。」と心はずませ登録完了。しかし、現実は商品はほとんど動かず、問い合わせも全く無い様な状態でした。「Yahoo!ヤフー登録したのに何故だ?」それは当然のことです。現在商品をホームページに載せてYahoo!ヤフーへ登録したからといって、物が自動的に売れていく時代ではないのです、これが現実です。

商用サイトであっても、無料登録してもらえるくらいの充実したコンテンツやサービスをそろえていない限り、Yahoo!ヤフー登録のメリットを感じることは難しいのではないでしょうか?ビジネスを展開するには、しっかりとした戦略と、それに裏づけられたマーケティングが絶対に必要になってきます。Yahoo!ヤフー登録はそれらを活用するためのツールに過ぎません。Yahoo!ヤフー登録をして全てが終わってしまったかのように、力が抜けてしまう人をたまに見かけますが、Yahoo!ヤフー登録は、「ただの道具」です。何かが始まってもいませんし、終わってもいません。

米国Yahoo!ヤフーでは既に導入されていましたが、日本では、2005年10月3日をもってYahoo!ヤフーの検索エンジンも大きく変わり、Yahoo!ヤフー独自の検索アルゴリズムを適用した、YST(Yahoo search technology)という検索システムに変わりました。その結果、今まで検索上位に表示されていたのに全く見当たらなくなった、逆に上位表示とは無縁だったサイトが検索結果の上位に来ている場合もある様です。しかし、どんな高度な検索システムやアルゴリズムになろうとも、検索エンジン提供側の考えるところは同じです。

「より価値の高い、素晴らしいサイトをお客様(検索ユーザー)に正しく伝える」

この一点だけです。商売の根本的な考えのもとに、検索システムは進化を続けて行くのです。Yahoo!ヤフー登録はもちろん大切なマーケティングツールですが、それらはサイトの趣旨、目的、戦略やサービス、アフターフォロー等の全てがそろった状態だからこそ、意味があるものなのだと筆者は断言します。 もし、これからYahoo!ヤフー登録をご検討中の方は、是非ともこの事を踏まえた上でYahoo!ヤフーへの登録を行なわれること筆者は強くお薦めいたします。

PAGE TOP