SEO用語解説 - あ

altavista

AltaVista(アルタビスタ)は、アメリカの検索エンジン会社。また、同社の経営する検索エンジンの名称です。AltaVista という言葉は「高いところから見る」という意味です。ディジタル・イクイップメント・コーポレーション(DEC)の研究所に所属していたLouis Monier、Mike Burrows、Joella Paquette、ポール・フラハーティらが1995年に開発し、同年12月に公開されました。

1990年代後半には世界最大規模の検索サービスとして人気を博し、本格的な全文検索サービスとして英語圏でよく利用されていた検索エンジンでした。Googleグーグルの普及とともに勢力は衰えました。AltaVistaはインターネット上にあるあらゆるHTMLページの単語をインデックス化して保存する方法を考案し、これにより、AltaVistaはWWWの一部分に関する高速な全文検索システムを開発することができました。

同社の製品BabelFishは、世界で始めてインターネット機械翻訳を提供しました。この機械翻訳サービスは、単語やフレーズ、そしてウェブページ全体を自動的に翻訳することが可能で、英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ポルトガル語、イタリア語、ロシア語を取り扱っていました。

1995年にAltaVistaがオンライン上に登場すると、たちまちライコスやエキサイトなどを追い越す程の人気を博しました。AltaVistaは世界で始めての多言語検索エンジンで、世界で始めて日本語や中国語といった非ラテン語を扱った検索エンジンでもあったため、後に同社はこれを様々な国におけるポータルサイトへと拡張しました。

またAltaVistaは、引用符を用いた検索などといった今日では当たり前となっているサービスを他社に先駆けて導入していました。中でも、マルチメディア検索は、URIを検索する最も大規模な検索システムであり続けていましたた。以上のような画期的なサービスにより、1995年、1997年、1999年ではAltaVistaの利用シェアが最も高かったと思います。1998年、CompaqによるDigital Equipment Corporationに伴い、AltaVistaはCompaq社の一事業となりました。

その後、AltaVistaの人気は次第に下がり続け、この結果AltaVistaは1999年1月に独立、同年6月にはCMGI社に買収され2003年2月に、AltaVistaはOverture社に買収され、2004年3月には、Overture社自体が今度はYahoo!ヤフーによって買収され、Yahoo!ヤフーに買収されてからAltaVistaは、Yahoo!ヤフーのデータベースを利用してサービスの提供を続けています。

PAGE TOP