HOME -> SEO用語解説 > 検索エンジン

SEO用語解説 - け

このエントリーをはてなブックマークに追加

検索エンジン

インターネットで公開されている情報をキーワードなどを使って検索できるWebサイトのこと。ロボット型検索エンジンとディレクトリ型検索エンジンがあります。ロボット型検索エンジンがクローラー(ロボット)と呼ばれるプログラムによる自動収集型であるのに対し、ディレクトリ型の検索エンジンはエディター(Yahoo!ではサーファー)と呼ばれる人間が最適なディレクトリを決定して登録を行います。

最新の動向としては、エキサイトやgoo、及びgooのパートナーに、2006年1月10日よりサービスが開始されたクロスリスティングによるディレクトリ「MonkeyPod(モンキーポッド)」が提供されたことがあげられます。freshEYEは、looksmart(現ValueCommerce/Search)に替わりJリスティングに提供を受けることになりました。ロボット型検索エンジンとは、クローラーと呼ばれる ロボット(スパイダーとも呼ばれ)が、Webページのリンク構造をたどり新たなデータを収集するタイプの検索エンジンです。

大きくは2000年9月より日本でサービスが開始されているGoogle、2005年10月よりYahoo!JAPANの検索結果で優先表示を行っているYST(Yahoo Search Tecnorogy)、2005年2月にInktomiから独自のサーチエンジンに切り替えたMSNに分けられます。Teoma技術を基盤にするAsk Jeevesも、ロボット型検索エンジンに分けられます。サーチエンジンはページに掲載する企業の広告料金で運営されるため、利用するために料金を払う必要はありません。サーチエンジンは、WWWなどで公開されている情報の全文を貯えておき、キーワードによって検索する全文検索型と、カテゴリー別に分類されているディレクトリ型の2種類に大別できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP