HOME -> SEO用語解説 > 旧式ロボット検索エンジン

SEO用語解説 - き

旧式ロボット検索エンジン

ページ内を見てキーワードをたくさん詰め込んだページやスパム(検索エンジンで上位表示をするための好ましくない行為)ページを上位表示してしまう弱点があったため、世界中で人気があったが、その人気は失われていきました。Googleグーグルはそれまでの旧式ロボット検索エンジンとは違い、ページの中にある情報よりも、外部のサイトからのリンクの数の多さをそのページの人気度を表す指標として捉えて、外部サイトからリンクの多いサイトを上位表示することが可能になりました。

ユーザーにとって役に立つ、真に求められているページが上位表示されるようになったのです。allthewebを手に入れたYahoo!ヤフーは、Googleグーグルが人気を獲得するようになったその技術、データ量に限りなく近いものを得ることに成功したのです。Yahoo!ヤフーはallthewebというGoogleグーグルと非常に似ていて、外部リンクが多ければ多いほど上位表示させるという技術を獲得しました。

Googleグーグルはこれまでの旧式ロボット検索エンジンとは異なり、ページの中にある情報よりも、外部のサイトからのリンクの多さをそのページの人気度を表す指標としてとらえ、外部サイトからのリンクの多いサイトを上位表示するようにしました。結果、文字をたくさん詰め込むという行為をしているページではなく、社会からリンクという形で評価されていて、ユーザーにとって役立つ「本当にユーザーが求めているページ」が上位表示されるようになりました。

PAGE TOP