SEO用語解説 - け

このエントリーをはてなブックマークに追加

景品法

不当景品類及び不当表示防止法(ふとうけいひんるいおよびふとうひょうじぼうしほう、昭和37年5月15日法律第134号)は、日本の法律であり「景品表示法」や「景表法」とも呼ばれます。 景品表示法は正式には不当景品類及び不当表示防止法(昭和37年法律第134号)といいます。

消費者は,より質の良いもの,価格の安いものを求め,事業者は消費者の期待に応えるために,商品・サービスの質を向上させ,また,より安く販売するように努力します。これがあるべき健全な市場の姿です。ところが,不当な表示や過大な景品類の提供が行われると,消費者が商品・サービスを選択する際に悪い影響を与え,公正な競争が阻害されることになります。

そこで,独占禁止法の特例法として,昭和37年に景品表示法が制定されました。景品表示法は,不当表示や過大な景品類の提供を厳しく規制し,公正な競争を確保することにより,消費者が適正に商品・サービスを選択できる環境を守ります。

この法律は、商品及び役務の取引に関連する不当な景品類及び表示による顧客の誘引を防止するため、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(すなわち独占禁止法)(昭和22年法律第54号)の特例を定めることにより、公正な競争を確保し、もつて一般消費者の利益を保護することを目的とします。

この法律で「景品類」とは、顧客を誘引するための手段として、その方法が直接的であるか間接的であるかを問わず、くじの方法によるかどうかを問わず、事業者が自己の供給する商品又は役務の取引(不動産に関する取引を含む。以下同じ。)に付随して相手方に提供する物品、金銭その他の経済上の利益であつて、公正取引委員会が指定するものです。

この法律で「表示」とは、顧客を誘引するための手段として、事業者が自己の供給する商品又は役務の内容又は取引条件その他これらの取引に関する事項について行なう広告その他の表示であつて、公正取引委員会が指定するものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP