HOME -> SEO用語解説 > キーワード連動型広告スペース(2)

SEO用語解説 - き

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワード連動型広告スペース(2)

昨今インターネット広告中の中でもっとも集客力があり、多くの企業が利用しているのはキーワード連動型の広告スペースです。広告を掲載するためにはYahoo!ヤフーの子会社であOvertureに申し込まなければなりません。利用料金を支払えば掲載される部分はありますが、絶対的に儲かるとは限りません。多くの企業が知らぬ間に膨大な広告料を費やしています。スポンサーサイト広告に関しては多くの注意事項が存在します。

Yahoo!ヤフーの子会社であるOvertureのスポンサー広告は、「1クリックにつき最低9円から上限無でいくら」というユーザーがクリックした分だけ料金を支払う仕組みと、より高い広告費を払う(入札する)企業が上位表示されるという特徴があります。自分のサイトより上位に表示されているライバル企業より高い広告費を支払えば上位表示されるという非常に単純な仕組みですが、最終的に広告単価がどんどん高くなるという傾向があるのです。こうした仕組みの中では、より経済力、お金がある企業だけが最終的に限られ広告スペースに表示され、広告スペースの中で生き残っていけるのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP