HOME -> SEO用語解説 > キーワード出現頻度解析

SEO用語解説 - き

このエントリーをはてなブックマークに追加

キーワード出現頻度解析

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)の世界でもっとも高く評価されている一人である、住 太陽氏のサイト中にある無料ツールです。特定のキーワードで上位表示されているサイトのページの中身を調べる際、そのキーワードがそのページでどれだけあるかを調べてくれる便利なソフトです。

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)を実践していくと自ずとアクセス解析が必要になります。アクセス解析とは主に、ユーザーがどんな経緯でサイトにたどり着いたかを調べる事です。どの検索エンジン、どんなキーワードで検索し訪問したかを調べる事によって今後のSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)キーワード対策を計画する事ができます。ユーザーの訪問のリンク元ページを調べる事によって、ユーザー層をある程度特定する事ができます。

総体的に見てYahoo!ヤフーから検索するユーザーは初心者が多いと思われます。Googleグーグルから検索の場合は中級者以上が主流です。これにより、あなたがどの層にアピールを仕掛けるかが決まってきます。もしターゲットを変更したいならサイトの改善も視野に入れることができます。検索ワードを調べる事によってさらに細かいユーザー層を特定する事が可能です。

自分が狙ったキーワードでアクセスが流れているかを確認することができ、検索ワードがキーワードをはずしているならばサイトの改善が必要となってきます。キーワードは全体の構文量の10%を目安に使うようにしましょう。全体の構文量に対してあるキーワードがどれだけ使われているかはこちらのキーワード出現頻度解析を使って計る事ができます。

ライバルのページよりも順位の高いページを調べて、それを上回る目標のキーワードをホームページに入れることの注意点として、ページ全体の単語の数を増やさないで目標キーワードだけを増やしてしまうと、書きすぎになり、逆に順位が下がってしまうリスクがあります。

ページの中に同じ単語が多く書かれすぎているとユーザーにとって見苦しいページになってしまい、悪い印象を与えてしまいます。目標キワードを増やすときには、必ず同時に他の単語も増やしてバランスをとる事が肝心です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP