HOME -> SEO用語解説 > 大見出し・中見出し・小見出し(1)

SEO用語解説 - お

大見出し・中見出し・小見出し(1)

Googleグーグルなどのロボット検索エンジンは「見出しに含まれた単語は重要なのだ」と判断してくれるので、見出しにキーワードを入れると有利に働きます。(※YSTでは未確認です)きちんと構造化されて書かれた文章は、大項目、中項目、小項目というように意味を理解しやいすいよう段階的に書かれています。それをまとめたものが見出しになります。

見出しのなかにも「大見出し」「中見出し」「小見出し」というように段階が必要となります。HTMLでは、見出しの段階に応じて、h1からh6まで、数字が大きくなるほど細分化された見出しとして表現されます。

【構造化された文章の例】

第1章:はじめに

1. 正しいSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)を学ぶ必要性について

SEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)とは...

1.1. 正しいSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)は構造化されているもの

...

1.2. 正しいSEO(Search Engine Optimization 検索エンジン最適化)は他人に依存しない

...

1.2.1. スパム依存という問題

...

むやみやたらにメッセージを入れてもユーザーには見にくいページになり、本来の目的であるメッセージを伝えるという重要な目的を失うことになりますが「大見出し」「中見出し」「小見出し」という階層構造で構成し、キーワードを効果的に散りばめることにより、ページの大意を理解してもらうという手法が効価的であることが判明してきました。

PAGE TOP