HOME -> SEO用語解説 > ポート番号

SEO用語解説 - ほ

ポート番号

インターネット上の通信において、複数の相手と同時に接続を行なうためにIPアドレスの下に設けられたサブ(補助)アドレスのことです。単にポートと略されることもあります。インターネットやイーサネットなど、TCP/IPによるネットワーク通信では、IPアドレスに次いで「ポート番号」という重要な要素があります。IPアドレスはコンピューターを特定するためのものですが、ポート番号はサービスを特定するための番号を意味します。

通常、サーバーでは複数のサービス(プログラム)が動いており、それはポート番号が分けてあります。ポート番号により、同じIPアドレスのコンピューターで違ったサービスを同時に利用できるようになります。例えば、サーバーが「192.168.0.1」というIPアドレスで FTP、WWW、telnet の各サービスを提供していたとします。WWWを利用(ホームページを閲覧)する場合は、ポート80にhttpプロトコルで接続します。ウェブの利用はポート80と決まっていますので、クライアント(ブラウザソフト)は何もしなくてもポート80にアクセスします。

ポート番号(0-65535番まで)は、以下のように大きく3つに分かれています。

ポート番号 名前と目的
0-1023 ウェルノウンポート
(だいたいプロトコルが決められている)
1024-49151 登録ポート
(アプリによって割り当てられている)
49152-65535 ダイナミック/プライベートポート
(自由に使える)

よく利用されるポート番号とプロトコルは以下の通りです。
No. Protocol 用途
20 ftp-data ファイル転送(データ本体)
21 ftp ファイル転送(コントロール)
22 ssh シェル:SSH(セキュア)
23 telnet シェル:telnet
25 smtp メール送受信:SMTP
53 domain DNS
70 gopher gopher
80 http WWW
110 pop3 メール受信(POP)
119 nntp ネットニュース
143 imap メール(IMAP)
443 https WWW(セキュア)

80番以外でWWWサーバーを立ち上げることもできます。例えば8080番で公開されているホームページを見るなら、アドレスに「:8080」をつけます。TCP/IPで通信を行なうコンピュータはネットワーク内での住所にあたるIPアドレスを持っていますが、複数のコンピュータと同時に通信するために、補助アドレスとして0から65535のポート番号を用います。IPアドレスとポート番号を組み合わせたネットワークアドレスを「ソケット」と呼び、実際にはデータの送受信はソケット単位で行われ実世界の住所で例えれば、マンションの所在地(「○○市××町4-2-1 コーポ△△」)がIPアドレスにあたり、部屋番号(「305号室」)がポート番号にあたります。

PAGE TOP