SEO用語解説 - さ

サーバ

コンピュータネットワークにおいて、クライアントコンピュータに対し、自身の持っている機能やデータを提供するコンピュータのことです。インターネットにおけるWWWサーバなどが該当します。また、クライアントソフトウェアに対し、自身の持っている機能やデータを提供するソフトウェアのことでサーバ(サーバー)とは、本来はソフトウェアまたはコンピュータ間の役割分担の片側の名称です。

クライアント側(ソフトウェアまたはコンピュータ)からの要求(リクエスト)を受けて、何らかのサービスを提供する側(ソフトウェアまたはコンピュータ)のことです。何らかのサービスとは、ファイルサーバのように保管している情報を提供するもの、プリンタサーバのようにプリンタへの印刷経路やスプール機能を提供するもの、インターネット販売のように在庫管理や配送手配や代金引き落としなど(提携している別会社を含め)他のシステムと連携するものなどがあります。

サーバの種類には
「メンバーサーバ」Windowsネットワークのドメイン内にあるサーバマシンの中でも、ドメインコントローラーではないサーバマシンの総称であります。

「 POPサーバー」電子メールを受信する際に接続するメールサーバー(受信サーバー)の一種で、メール受信プロトコルのPOP(Post Office Protocol)に対応している受信サーバーのことです。

「サーバー統合」企業に多数乱立しているサーバーを、主に運用コスト削減を目的として、集中管理することで、サーバー統合は、特に、各拠点に分散して設置されているサーバーを、物理的にデータセンターや本部などに集約して一括管理できるようにする「物理的統合」を指します。

「サーバファーム 」とは、サーバが大量に設置されている場所や施設、あるいはサーバ群そのもののことを幅広く指す言葉です。

「ライセンスサーバー」特定のアプリケーションソフトについて、使用権(ライセンス)に応じた使用を監視するサーバーのことで、ネットワークを通じてアプリケーションソフトが同時に使用される本数を調べ、利用を許諾されたライセンス数以上にソフトを実行させないようにします。

「バーチャルプライベートサーバ 」1台のサーバの中で、専用のソフトウェアを使ってあたかも複数のサーバが動作しているかのような環境を実現するための技術、またはサービスのことをよびます。

「ミラーサーバー」あるサーバーと全く同じデータやアクセス権を複製として持つサーバーのことである。片方のサーバーがシステム以上をきたした際に処理を肩代わりし、処理を停滞させないために用意します。

「ドメインネームサーバ」とは、ホスト名をIPアドレスに変換する作業を担うサーバソフトウェアもしくはコンピュータのことで、ドメインネームサーバは、全世界に13台存在するルートサーバを頂点としたインターネット上に散らばる階層型の分散データベースシステムでもあります。

「バーチャルサーバー 」ひとつのコンピュータで仮想的に複数のWebサイトを同時に運用するためのプログラムの総称です。バーチャルサーバーは1台のHTTPサーバー上で機能するが、それぞれ異なるHTTPサーバーとして扱うことが可能であり、それぞれ異なるドメイン名やIPアドレスを扱うことができます。

「SMTPサーバ」インターネットやイントラネットで電子メールを送信・転送するために用いられるプロトコルで、現在もっとも普及しているSMTPに対応するメールサーバーのことです。


PAGE TOP