HOME -> 何故モバイルユーザーはポータルサイトが好きなのか? | 鈴木将司公式ブログ | SEOセミナー

このエントリーをはてなブックマークに追加

何故モバイルユーザーはポータルサイトが好きなのか?

2016年11月10日
前々回のブログ記事ではモバイルファーストのコンテンツ造りは:

(1)ニュース性のあるコンテンツ造り

A) ニュースサイト
B)ブログ
C)ポータルサイト
D)アプリ
E)ソーシャルメディア


(2)ソーシャルメディアと親和性のあるコンテンツ造り
(3)無料情報中心のコンテンツ造り


が必要になり

B)ブログ

がどれほど重要かについて考えてみました。

今回は:

C)ポータルサイト

について考えてみます。

これはモバイルだけに限ったことではありませんが、近年様々なポータルサイトがGoogleで上位表示しています。

ポータルサイトとは本来の意味はヤフージャパンやBiglobeなどネットサーフィンをするための出発地点である様々なサイトにリンクを張っているサイトのことです。

しかし、ここでいうポータルサイトというのはもう一つの意味である「何か特定のテーマに特化したそのテーマに関して様々な情報を提供している情報サイト」のことです。

グルメのポータルサイトで有名なのはぐるなびや食べログ、美容ならホットペーパービューティー、不動産ならHOMES、法律関連なら弁護士ドットコム、求人情報ならリクナビ、マイナビなどが典型的な今日の人気ポータルサイトです。

何故こうしたポータルサイトがスマートフォンユーザーの間で特に人気がある、つまり閲覧されるのでしょうか?

考えられる理由は:

(1)閲覧時間が連続的ではなく、断続的だから
→ スマートフォンを使うのは椅子に座ってゆったりとすることは少なく、多くの社会人は電車やエレベーター、エスカレーターなど移動中に見るので落ち着いてGoogleで検索して見つけた複数のWebサイトを比較するのが困難です。

(2)情報が整理されていて、複雑な検索も出来るから

ポータルサイトなら一定の条件を入力して検索ボタンをタップするだけで自分が探しているサービス提供者が瞬時で検索出来ます。
一方、Googleで検索して出て来るWebサイトは1つ1つ異なったデザイン、レイアウト、構成なので自分が探してる情報を見つけるのに時間がかかってしまうというハンディーがあります。

(3)スマートフォンが画面が小さいので複数のサイトを比較するのが難しいから
→ パソコンのブラウザと違って複数のサイトを同時に見たり、タブで切り替えるのが面倒なのがスマートフォンのブラウザの特徴です。そのため1つのポータルサイトを見るだけで情報がスピーディーに見つかるというのは魅力的なことになります。

(4)クーポンやお得な情報が豊富にあるから
→ Googleで検索して複数のサイトを見ても、どのサイトにお得なクーポンがあるのかがすぐに分かりませんが、クーポン券を発行しているのが当たり前のポータルサイトならそうしたお得なセールやサービスばかりのお店が載っているから。

(5)有名サイトなので情報が信頼できるから
→ 一定の審査に合格した企業の情報だけが載っているので情報の信憑性が高い。そして有名ポータルサイトを運営している企業そのものも企業としての実績があるので信頼出来る。一方、通常の独立したWebサイトの場合、そこにある情報が不正確だったり、詐欺の可能性もある。

などがあります。

では新規客を増やしたいサイト運営はどうすれば良いのでしょうか?

1つは、こうしたポータルサイトのメリットを全ては無理だとしても1つでも自社サイトに取り込みユーザーの利便性を高めることです。

しかし、それだけでは限界があります。

その限界を超えるためには自分の業界において集客力を持っているポータルサイトを見つけてそこに掲載依頼をすることです。

無料のプランもあるでしょうが、ポータルサイト内にもGoogleの検索結果と同じかそれ以上の競争がありますので、より目立つようにするためには有料のプランを利用するべきです。

ただし、いくつものポータルサイトにむやみに掲載依頼をするのはなく、自分の業界のトップポータルサイトだけに登録をすることです。

そして掲載後は他の掲載企業の情報を参考にして差別化された内容の情報を投稿することが必要です。

さらには、多くのポータルサイト自身が他のポータルサイトと差別化するために力を入れているレビューを既存客に書いてもらうためのプロモーションをすることです。

他社の情報にはレビューがたくさんあり、自社の情報だけがレビューがゼロでは逆に信用を落と恐れがあります。

ということはポータルサイト対策は最終的にレビュー対策、評判管理対策に帰結します。

レビューはより早く掲載された企業のほうが多く書かれる傾向があります。参加が遅ければ遅いほど書かれるレビューの数は先行者達よりも少なくなり、追いつくのには何倍、何十倍のエネルギーを必要とします。

以前よりポータルサイトに掲載するべきかどうするか迷っていた方はぜひ今回のモバイル時代の幕開けを機会にポータルサイト内での競争に積極的に参加すべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2016年 11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事