HOME -> SNSのまとめサイトでもGoogleで上位表示は出来るのか? | モバイル時代のSEO情報ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSのまとめサイトでもGoogleで上位表示は出来るのか?

2018年03月08日

昨日、スカイプコンルティングをした方から「SNSのまとめサイトでもGoogleで上位表示は出来るのでしょうか?」という相談をいただきました。

その方は、ある分野の物販サイトを運営している方で、自社の商材に関するインスタグラムやTwitter、YouTubeなどで投稿されている情報を自社サイトに貼り付けていました。

Googleは本来、独自性の高いコンテンツがあるサイトを上位表示させようとしています。

そのため多くのサイト運営者、ブログ運営者が独自性の高いオリジナル文章を書いてサイトに追加しています。

独自性の高いオリジナルコンテンツは確かに重要ですが、それが少ない、あるいはほとんど無くても例外的にGoogleで上位表示することがあります。

その例外的な条件とはニッチキーワードを狙っている場合です。

私が相談を受けたケースでは比較的競争率が高いビッグキーワードでしたが、ビッグキーワードの場合は、競争率が高いのでそのテーマに関連するページが他に多数あり、それらがGoogleで上位表示している必要があります。

例えば、腰痛 という言葉でサイトのトップページを上位表示させたかったら・・・

腰痛 原因
腰痛 原因 筋肉
腰痛 体操
腰痛 体操 立ったまま
腰痛 改善
腰痛 ストレッチ
腰痛 ストレッチ 椅子


などという腰痛という言葉を核とした複合キーワードや 腰痛 という言葉は含まれていなくても・・・

腰が痛い
腰が痛い 筋肉
腰が痛い 原因 筋肉
腰が痛い 筋トレ 
腰 マッサージ
腰 マッサージ 1人


などの関連キーワードで上位表示させることが確実な方法です。

このように競争率が高い検索キーワードでGoogle上位表示するには、自分が目指しているキーワードに関連するページを他にも多数作り、それらを先ず上位表示させる必要があります。

しかし、競争率が低いキーワードの例えば、

腰痛 体操 立ったまま

でGoogle検索した時に該当するページがほとんど無かったとしたら

腰痛 体操 立ったまま

に関するSNSの投稿を自社のページ内に貼付け、自分の独自コメントを500文字程度トータルで書けば何とか上位表示を目指せるレベルになります。

ですので、まとめサイトを作って上位表示させようとしている方は、こうした競争率の激しくないニッチなキーワードを狙うべきです。

ただ、ニッチなキーワードだとそもそもGoogleでの検索数は少ないので例え上位表示したとしても多くのアクセスを稼ぐことは出来ません。

これを補うにはニッチなキーワードで上位表示するページを多数作ることです。Aというニッチキーワードで上位表示して月間訪問者数が10人でも、それを10ページ作れば合計で100人の訪問者に来てもらえることになります。

InstagramやTwitterの投稿データをページ内に貼り付けたり、YouTubeの動画を貼付けてちょっとしたコメントを書いただけでWebページを上位表示させたい場合はこうしたことを考慮してチャレンジしてみて下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    
鈴木将司の最新作品
プロフィール
一般社団法人 全日本SEO協会 代表理事

鈴木将司
<< 2018年 03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事